診療内容

乳がんの治療

乳がんは他の固形がん(胃がん、大腸がん、肺がんなど)とくらべて、薬がよく効くことが知られており、様々な種類の薬が数多く開発されています。どんな薬をどのように使うかは治療の目的によって変わってきます。
がんの特性や全身状態、副作用の状況などによって使い分けられます。
 

  • 点滴治療
  • 1.抗がん剤ーアントラサイクリン系薬剤、タキサン系薬剤など
  • 2.分子標的薬ーハーセプチン、タイケルブなど
  • 3.骨の治療ーゾメタ、フォサマックなど
  • 内服治療
  • 1.ホルモン剤ータモキシフェン、抗AI剤など
  • 2.抗がん剤ーTS-1、ゼローダなど

血液検査・骨密度検査も、当クリニックで行えます。リアルタイムな検査結果に基づき、治療を行っていきます。